四季折々・多種多様な食材と炭火が織りなす和食を中目黒で 平成30年6月29日(金)「炭火和食つかだ」 開店 クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏が描き上げた墨絵&上質食材&炭火の共演を嗜む | Ap company

News&Topics

一覧

ニュース&トピックス

四季折々・多種多様な食材と炭火が織りなす和食を中目黒で 平成30年6月29日(金)「炭火和食つかだ」 開店 クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏が描き上げた墨絵&上質食材&炭火の共演を嗜む

2018/06/28

株式会社エー・ピーカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:米山久)は、四季折々各地域の海、山、里で収穫される食材と「炭火」が織りなす和食をお愉しみ頂く「炭火和食つかだ」を平成 30 年 6 月 29 日(金)に東京・中目黒にオープン致します。また、「炭火和食つかだ」は、日本を代表するクリエイティブディレクター・佐藤可士和氏がエクステリア、照明など随所にわたってディレクションを担当致しました。さらに、同氏自ら描き上げた「炎」をイメージした巨大な墨絵が壁に飾られており、食事に加え、アートも堪能して頂ける空間となっております。

店舗風景

炭火焼、原始焼、藁焼きの 3 つの「焼き」と「焼き」を彩る多彩な和食

「炭火和食つかだ」では、「きんき」や「きんきの干物」の調理法として、炭火と食材の距離で火加減を調整し食材全体に熱を伝える「原始焼」を。「みやざき地頭鶏」などの鶏料理、季節の野菜などは、食材をジューシーに焼き上げる「炭火焼」にて。そして、魚や最上鴨などは、表面を炙り、香ばしい香りをまとわせる「藁焼き」でと、食材に合わせ 3 つの「火」を使って食材を調理し、メインとしてご提供させて頂きます。また、「原始焼」、「炭火焼」、「藁焼き」で調理した食材を引き立てる「温つまみ」や「お刺身」もご用意しております。さらに、日本酒やワインも数多く揃えることで、料理とお酒のペアリングもお愉しみ頂けます。

尚、当店では、「原始焼」、「炭火焼」、「藁焼き」が一度に愉しめる 6,000 円のコース、「炭火焼」と「藁焼き」をお愉しみ頂ける 4,500 円のコースと 2 つのコースもアラカルト共にご用意しております。

普段使いに限らず、デートや接待、大人同士の会話を楽しむ場として、旬を感じて頂く「本日の日替わり」と共に、3つの「火」で調理した食材を当店にてお愉しみください。

店舗名  : 炭火和食つかだ
住所   : 東京都目黒区上目黒 2-12-1 アックスビル中目黒 1 階
オープン日: 平成 30 年 6 月 29 日(金)
営業時間 : 17:00-23:00(L.O.22:00)
※炭を使用する商品および、羽釜めしのみラストオーダーが 21:45 になります。
URL: https://www.sumibi-tsukada.jp

<<本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先>>
株式会社エー・ピーカンパニー 広報(担当:上原、土田)
TEL: 03-6435-9663 FAX: 03-6435-8441 メール: pr@apcompany.jp


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方