35度の⾼アルコールの焼酎を強めの炭酸で飲む!秋だけの限定焼酎「ムラサキの潤平」、「⼀尚プレミアム」2017年10⽉23⽇(⽉)より提供開始 ムラサキの潤平:宮崎県⽇南市 塚⽥農場、⼀尚プレミアム:⿅児島県霧島市 塚⽥農場 | Ap company

News&Topics

一覧

ニュース&トピックス

35度の⾼アルコールの焼酎を強めの炭酸で飲む!秋だけの限定焼酎「ムラサキの潤平」、「⼀尚プレミアム」2017年10⽉23⽇(⽉)より提供開始 ムラサキの潤平:宮崎県⽇南市 塚⽥農場、⼀尚プレミアム:⿅児島県霧島市 塚⽥農場

2017/10/23

株式会社エー・ピーカンパニー(東京都港区/代表 :⽶⼭久)が運営する『宮崎県⽇南市/⽇向市塚⽥農場』及び『⿅児島県霧島市塚⽥農場』で、宮崎、⿅児島それぞれの酒蔵が醸す炭酸割り専⽤焼酎を2017年10⽉23⽇(⽉)より提供開始いたします。

焼酎

「宮崎県⽇南市塚⽥農場」では同市の酒蔵"⼩⽟醸造"が醸す「ムラサキの潤平」を、「⿅児島県霧島市 塚⽥農場」では、同県薩摩郡の酒蔵"⼩牧蒸留所"の「⼀尚ブロンズ」をアルコール度数35度で調整した「⼀尚プレミアム」をそれぞれ炭酸割りで提供します。
「ムラサキの潤平」は780本、「⼀尚プレミアム」は246本とそれぞれ限定⽣産で塚⽥農場でのみご利⽤いただけるメニューとなっております。

ソーダ割りのための「ムラサキの潤平」

強めの炭酸で割ることを前提に、⾼い度数のアルコール調整し濃密な味わいに仕上げた今年の「ムラサキの潤平」は、昨年の25度から35度に度数を上げ炭酸割りにぴったりな紫芋(原材料:ムラサキマサリ)を原料にした焼酎です。炭酸で割ることで泡がはじけた時に薫る紫芋の薫りとすっきりとした喉越しで焼酎初⼼者にも飲みやすい仕上がりです。

紫芋に含まれる⾚⾊の⾊素の元となるアントシアニンは、⾚ワインと成分を同じくし、抗酸化作⽤があると⾔われています。

また、喉を通る時に感じられるすっきりとした酸味はヨーグルトに近く、クリーミーな⽢い薫りの移ろいがお愉しみいただけます。今年はさらに35度の度数の⾼い焼酎をソーダ割りにするため芋の味濃く炭⽕焼のスモーキーな炭の⾹りと相性が良い⼩⽟醸造合同会社(宮崎県⽇南市)の杜⽒である⾦丸潤平⽒はオススメしています。

ビール酵⺟を使ったハイボール専⽤「⼀尚プレミアム」

酵⺟にヴァーヴァリアンバイツェン酵⺟というビール酵⺟を使⽤して蒸留した「⼀尚ブロンズ」をソーダで割る為にアルコール度数を上げたものが「⼀尚プレミアム」。酵⺟由来のスパイシーさや、個性的な⾹りとまろやかな味わいと特徴です。

通常25度では味わうことができないガツンとした喉越しとキレで後から訪れるビール酵⺟による芋の⾵味が部⾷うを刺激し、ほっこりとした余韻を残します。これからの時期の「もつ鍋」や、「⼿⽻唐揚げ」と相性がいいと、蔵元である⼩牧蒸留所(⿅児島県薩摩郡)の杜⽒である⼩牧伊勢吉⽒はオススメしています。

焼酎の新しい飲み⽅"ソーダ割"を提案

秋の塚⽥農場では、焼酎を炭酸で割る「塚⽥ハイボール」を提案しています。

芋の⾹りはそのままに炭酸でキレの良さと飲みやすさがあり、焼酎の飲み始めの⽅にも、焼酎好きのお客様にもご満⾜いただける商品となっております。

⽣産者、造り⼿の想いを伝える株式会社エー・ピーカンパニー

▲⼩⽟醸造:⾦丸潤平⽒

▲⼩⽟醸造:⾦丸潤平⽒

生産者

▲⼩牧蒸留所:⼩牧伊勢吉⽒

当社は⽣産者と消費者が当社を介して直結する「⽣販直結」のビジネスモデルを展開し、⽣産者のこだわりや想いに共感・感情移⼊をし、居酒屋「宮崎県⽇南市 塚⽥農場」にご来店するお客様に⽣産者のその想いを伝えています。

<期間限定>塚⽥ハイボール提供概要
提供開始⽇:2017年10⽉16⽇(⽉)
提供詳細
ムラサキの潤平:宮崎県⽇南市/⽇向市 塚⽥農場(92店舗)
⼀尚プレミアム:⿅児島県霧島市 塚⽥農場(45店舗)


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方