夜だけじゃない!盛り上がり過ぎるランチも魅力。四十八漁場「日比谷パークフロント」2017年6月19日(月)「日比谷パークフロント」地下1階にオープン | Ap company

News&Topics

一覧

ニュース&トピックス

夜だけじゃない!盛り上がり過ぎるランチも魅力。四十八漁場「日比谷パークフロント」2017年6月19日(月)「日比谷パークフロント」地下1階にオープン

2017/06/19

株式会社エー・ピーカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:米山久)は、2017 年 6 月 19 日(月)に国会通りに新たに誕生する「日比谷パークフロント」内に、「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)日比谷パークフロント」をオープン致します。

また、同店では、ランチライムの営業を行うことで、内幸町、霞が関エリアで働くビジネスパーソンに旬の魚を使っ たランチメニューの提供も併せて行います。

四十八漁場「日比谷パークフロント」外観

▲ 四十八漁場「日比谷パークフロント」外観

1度で4回愉しめるランチメニュー

▲ 1度で4回愉しめるランチメニュー
「四十八海鮮丼定食(900円)」

■ランチ全品900円。1定食で"食べ方"無限大!自分オリジナルの楽しみ方を見つけよう!!

「四十八漁場日比谷パークフロント」では、イクラ、シラス、刻み海苔が盛られた「丼もの」に「バラ天」、「お味噌汁」、そして日々変わる「刺身」がセットになった「よんぱち海鮮丼定食」など8種類の「丼もの」定食を全品900円にてランチタイムにご提供致します。

「丼もの定食」は、「丼もの」としてそのままお召し上がり頂けることに加え、「刺身」を加えて「海鮮丼」として、「バラ天」をのせ、テーブルに置かれた「鯛出汁」をかけていただく「茶漬け」としてなど、お客様が好む食べ方を1つの定食で複数お愉しみ頂けると共に、お気に入りの食べ方を見つける楽しみもご体験頂けます。

さらに、「とろろ」、「納豆」、「鶏唐揚げ」などのトッピングを加えることで、「丼もの定食」をベースにお客様独自にアレンジが可能なオリジナルのランチメニューもお作り頂けます。

食べ方

▲ 「丼もの定食」の食べ方の一例。お客様の気分や食べ方に応じて1定食で複数の食べ方をお愉しみ頂けます

■ランチタイムで「ゴチカード」ポイントを貯めると夜もお得に!!

「四十八漁場日比谷パークフロント」では、当店のみのランチタイム・ポイントカード「ゴチカード」を発行しており、「ゴチカード」のポイントを10ポイント貯めて頂くと、ランチタイムの「トッピング」および、「サイドメニュー」から一品をカード保有者様からご同行者様全員へのプレゼントとしてご活用いただけます。

さらに、ランチライムで貯めて頂いた「ゴチカード」のポイントをディナータイムでご使用頂くことも可能で、カード保有者様からご同行者様全員にドリンクを一杯プレゼントとしてご使用も可能です。

ランチで貯めたポイントを使用して、同僚、部下、上司へのささやかなプレゼントとしてランチタイムにご使用いただくことも、ディナータイムで労を労う際の一杯目としても利用可能ですので、是非ポイントを貯めて頂ければと考えております。

「四十八(よんぱち)漁場」について」

四十八漁場は、「今朝獲れ」、「神経〆」など、漁師の"ひとてま"が施された水揚げ直後の「船上鮮度」の鮮魚を、首都圏20店舗にて提供する海鮮居酒屋です。日本全国約50産地の"顔の見える"漁師から毎日仕入れる鮮魚の魚種毎に異なる特徴を活かし定番メニューに加え、日替わりでメニューが変わる「本日のおすすめ」として提供しております。また、日本全国の産地ネットワークと「神経〆」などの技術力を活かし、首都圏では食べる機会の少ないその土地ならではの「地魚」や郷土ならではの料理をこだわりのお酒と共にお楽しみ頂けます。

四十八漁場ホームページ:http://www.48gyojyou.com/

■ 四十八漁場(よんぱちぎょじょう)日比谷パークフロント 店舗概要

店舗名:

四十八漁場(よんぱちぎょじょう)日比谷パークフロント

住所:

東京都千代田区内幸町2-1-6「日比谷パークフロント」地下1階(「日比谷グルメリウム」内)

アクセス:

東京メトロ千代田線ほか「霞が関」駅直結/都営地下鉄三田線「内幸町」駅直結

営業時間:

ランチタイム 11:30~14:00(L.O13:30)

ディナータイム 17:00~23:30
(L.O(食事)22:30、L.O(ドリンク)23:00)

定休日:

土日曜日・祝日

詳細:

http://www.48gyojyou.com/shop/3297/


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方