冬の北海道の不便さを活かした"この時期"しか味わえない北海道の冬野菜 「雪の下 キャベツのステーキ」など"北海道季節のおすすめ" 2017 年 1 月 18 日(水)より「北海道シントク町『塚田農場』」にて期間限定発売のお知らせ | Ap company

News&Topics

一覧

ニュース&トピックス

冬の北海道の不便さを活かした"この時期"しか味わえない北海道の冬野菜 「雪の下 キャベツのステーキ」など"北海道季節のおすすめ" 2017 年 1 月 18 日(水)より「北海道シントク町『塚田農場』」にて期間限定発売のお知らせ

2017/01/16

株式会社エー・ピーカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:米山久)は、当社が運営する「北海道シントク町『塚田農場』(全13店)」にて、2017 年 1 月 18 日(水)より北海道北斗市・高坂農園にて栽培された「雪の下キャベツ」を使用した「雪の下 キャベツのステーキ」および、「雪の下キャベツの浅漬け」の提供を期間限定で開始致します。
また、同日より「北海道の"季節"のおすすめ」メニューとして、「雪の下 キャベツのステーキ」や釧路「仙鳳趾(せんぽうし)の焼き牡蠣」を含む全 10 品の期間限定メニューの提供を開始致します。

3832953d9dfc0f4d3c2c3ce2deb984b3.png

■ "巻き"が多く、ボリューム感&食べごたえのある「雪の下キャベツ」 
この度、「北海道シントク町『塚田農場』」にて提供を開始する「雪の下 キャベツのステーキ」および、「雪の下キャベツの浅漬け」は、北海道北斗市の高坂農園にて栽培された「雪の下キャベツ」を使用しております。
 年末から年始にかけて収穫したキャベツを、雪に覆われた大地に並べ、並べられたキャベツに雪が積もることで、キャベツのたんぱく質がアミノ酸に変わり、その変化の際に糖度が増すことで「雪の下キャベツ」が出来上がります。また、この時期スーパー等で並ぶキャベツに比べ、"巻き"が多い分重みがあり、食べごたえを愉しめるキャベツでもあります。自然環境が厳しい冬の北海道の不便さを活かしたこの時期しか味わえない北海道の冬野菜をご堪能頂ければと考えており ます。


 ■ アンチョビバターソースで味わう「キャベツステーキ」。シンプルに味わう「浅漬け」 
この度提供を開始する「雪の下キャベツのステーキ」は、雪の中で"甘み"と"旨味"を蓄えた「雪の下キャベツ」をじっくりとオーブンで熱を加えることで、キャベツの甘みを最大化します。更に、アンチョビの塩気とバターのコク、旨味、風味が混ざり合った「アンチョビバターソース」を絡めることで、食べごたえがあり、芯まで甘いヘルシーステーキをご堪能頂けます。また、「雪の下キャベツ」をシンプルに味わえる「浅漬け」も併せてご用意致します。
 北海道ならではの『冬のごちそう』を、「北海道シントク町『塚田農場』」にてご賞味ください。


-北海道シントク町『塚田農場』「北海道のおすすめ」メニュー提供詳細- 
提供期間            :2017 年 1 月 18 日(水)~2017 年 4 月 4 日(火)
提供店舗            :北海道シントク町『塚田農場』(13 店舗)
北海道"季節"のおすすめ詳細 URL :http://www.tsukadanojo.jp/rm/?brand=hokkaido
 



▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方