北海道の地鶏を北海道スタイルで味わうまったく新しい地鶏の食べ方地鶏の"ジンギスカン"10月3日より開始新化し続ける"ネオ塚田農場"=北海道シントク町塚田農場 | Ap company

News&Topics

一覧

ニュース&トピックス

北海道の地鶏を北海道スタイルで味わうまったく新しい地鶏の食べ方地鶏の"ジンギスカン"10月3日より開始新化し続ける"ネオ塚田農場"=北海道シントク町塚田農場

2016/10/03

株式会社エー・ピーカンパニー(東京都港区/代表 :米山久)が運営する、"北海道シントク町 塚田農場"では、10月3日(月)にグランドメニューの改定に伴い、新得地鶏を本場北海道のジンギスカンスタイルで愉しむ"シントク地鶏の塚田ジンギスカン"を提供開始いたします。
「塚田農場」は自社養鶏場を有する宮崎県日南市、鹿児島県霧島市及び北海道新得町を冠に持ち、それぞれで育てた「宮崎地頭鶏」、「黒さつま鶏」、「新得地鶏」という"地鶏"とその土地ならではの食材を用いた料理や、お酒を提供しています。 中でも東京や大阪を中心に13店舗展開している"北海道シントク町 塚田農場"では新得地鶏を中心に北海道の豊富な食材と北海道ならではのお酒を提供しています。

■ 北海道で育った地鶏は北海道スタイルの食べ方が合う

独特のドーム型の鉄板で羊肉や野菜を焼いて食べる北海道のソウルフードであるジンギスカン。諸説ありますが、1936年に札幌で誕生したとも言われています。この度始まる"塚田ジンギスカン"は、ムネとモモを贅沢に使用し、新得地鶏の旨味をたっぷりと味わえる一品です。塚田農場オリジナルの玉子「塚だま」の入った特製の甘辛ダレに絡めて濃厚な味わいをぜひご賞味ください。
"シントク地鶏の塚田ジンギスカン"の開発にあたり、商品開発担当の鈴木愛は、塚田農場といえば地鶏の炭火焼が定番でシントク地鶏の炭火焼も人気であるが、"地の食材には地の調味料や食べ方がある"という当社の考え方に基づき、北海道の地鶏を扱っているのならば、食べ方も"北海道スタイル"でと考え、地鶏をジンギスカンスタイルで提供するに至ったと言います。
新得地鶏はすっきりとした後味が特徴で、濃厚なタレとの相性が良いです。さらに旨辛スパイス、塩、山わさびを添えており、ジャンクにも、すっきりとも味わっていただけます。

■『風と水と大地』が育てる北海道の地鶏、"新得地鶏"

大型シャモとロードアイランドレッドの掛け合わせをお母さん持ち、そこに名古屋種を掛け合わせて生まれた新得地鶏は日本固有の在来種100%の血筋の北海道の地鶏です。28日齢以降を1m²あたり3羽以下の北海道の広大な土地でのびのび120日齢以上育てた新得地鶏はストレスなく穏やかな性格です。
この穏やかさから、ムネ肉はしっとり、モモ肉は赤みが強く脂乗りも豊かで、わずかに感じられる酸味により、すっきりと澄んだ後味が特徴です。グルタミン酸やイノシン酸などの旨味成分が豊富に含まれてあり、低脂肪、低カロリー高タンパク、コラーゲンも多く含まれている"食べて嬉しい"新得地鶏です。

■ 生販直結のエー・ピーカンパニーだからこそ、新得地鶏と向き合い続ける

エー・ピーカンパニーは産地や生産者と直結して食材を仕入れ、また自社で養鶏、加工を行い一次、二次産業に従事しています。
北海道新得町にある養鶏場"北海道新得町 塚田農場"では、2011年より新得地鶏を育て加工しています。


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方