北三陸の初夏を彩る味覚を「生」&「殻付き」で! 甘く濃厚で上品な味の「キタムラサキウニ」を880円で「四十八漁場」で食す 2016年6月9日(木)より「北三陸ウニまつり」を期間限定開催 | Ap company

News&Topics

一覧

ニュース&トピックス

北三陸の初夏を彩る味覚を「生」&「殻付き」で! 甘く濃厚で上品な味の「キタムラサキウニ」を880円で「四十八漁場」で食す 2016年6月9日(木)より「北三陸ウニまつり」を期間限定開催

2016/06/09

株式会社エー・ピーカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:米山久)が運営する海鮮居酒屋「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」にて、岩手県洋野町の澄んだ海中で育った「昆布」と「わかめ」を豊富に食べ、実入りが良く、甘く濃厚で上品な味を持つ北三陸の初夏を彩る味覚「キタムラサキウニ」を生&殻付きでご提供する「北三陸ウニまつり」を6月9日(木)から7月末日までの期間限定で開催致します。
「ウニは臭くて苦い」と感じたことのある人こそ、甘く濃厚で上品な「本物のウニの味」に出逢える機会となっておりますので、この機会に是非ご賞味ください。

■ 甘く濃厚で上品な味の秘密は、「ウニ牧場」と豊富な「昆布」&「わかめ」

この度、「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」でご提供する岩手県洋野町産の「キタムラサキウニ」は、養殖業が出来ない洋野町において、約40年前に浅瀬の岩盤に溝を掘り、ウニが生息できる環境を揃えた「ウニ牧場」を整備することでウニの栽培漁業を行っています。冬の間に沖から搾取した子供のウニを、ウニの餌となる「昆布」や「わかめ」が豊富に育った「ウニ牧場」に移し育てることで、実入りが良く甘く濃厚で上品な味を持ったウニの収穫につながります。さらに、洋野町では、ウニを取る漁師に加え、「ウニ牧場」の管理を行う漁協、さらに販売を行う地元企業と町が一体となってウニの販売に取り組んでいます。

■「北三陸ウニまつり」に関して

開催店舗: 海鮮居酒屋「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」全店
開催期間: 2016年6月9日(木)より2016年7月末日(予定)
提供価格: 880円/1個
※仕入れ量に限りがありますので、当日の入荷量が無くなり次第終了となります。
※天候や海の状況によって漁が行えず、未入荷になる可能性もありますので来店前に各店に入荷状況をお問合せください。


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方