沖縄県 南大東島 一本釣りマグロ | AP company

Publicity
食材のご紹介

沖縄県 南大東島 一本釣りマグロ

南大東島は、沖縄本島の東約400kmの場所。サンゴ礁が隆起して出来た隆起環礁の島で、島の周りの海は非常に深く、沖へ2kmほど出れば水深は1,000mに達します。

南大東島の周辺はマグロの好漁場ですが、人口僅か1,300人の島内消費と、一部の沖縄本島にあるスーパー向け出荷に限られていました。需要がないため獲る必要がなかった訳です。この天然国産マグロを市場を介さず現地で可食分のみを完全解体し「サク」はチルドで空輸、カマやテールは超低温パウチで船便輸送することで、南大東のマグロを東京初上陸させました。

正真正銘の天然国産生マグロが、漁師直結の価格と鮮度で東京の店舗へ。市場を経由しないので「いつ・誰が」獲ったのかが明確なので、「熟成○日目」というように、店舗では一番美味しい状態に熟成したうえで提供しています。


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方