古谷船長と自社漁船漁師の取り組み<br>宮崎と東京結ぶ『今朝獲れ品質』 | AP company

Publicity
食材のご紹介

古谷船長と自社漁船漁師の取り組み
宮崎と東京結ぶ『今朝獲れ品質』

宮崎県北の離島「島野浦」は、延岡市浦城町から北東へ約6㎞、高速艇ならわずか10分の場所にあります。

周囲15kmの小さなこの島のことを、地元の人は親しみを込めて「しまんだ」と呼びます。リアス式海岸に囲まれ、綺麗な海食トンネルやサンゴの群れが広がる島野浦の海は、豊後水道と日向灘に挟まれた全国でも有数の好漁場。昔から漁業が盛んで「いわしの舞う島」と呼ばれており、流れの早い海流に恵まれているだけでなく、起伏に富んだ地形によって餌となる生物が豊富に発生するため、身が十分に引き締まっていながらも程よく太った魚が育つので、年間を通して豊富な魚種に育まれています。


港町で暮らす漁師の食卓と同じ程の鮮度の魚を東京で。我々が「鮮度の追求」をした結果行き着いたのは、今朝海を泳いでいた魚をその日のうちにお店へ届けるという独自の物流「今朝獲れ便」です。

通常の物流では水揚げから一日経った「DAY1」鮮魚となりますが、「今朝獲れ便」は、漁師との密接な関係や現地社員との連携、空輸の活用により、「DAY0」の鮮魚をお店へ届ける事を可能にしました。


宮崎から東京の店舗の開店に合わせて魚を届ける為には、深夜2時に出漁し、4時に水揚げ、朝8時には飛行機に鮮魚を乗せる必要がありました。

深夜2時の出漁は、漁師の生活のリズムを大きく変え、真っ暗な中で操業するリスクもありましたが、島野浦の漁師・古谷晢啓さんは「東京のお客さんに喜んでもらえるんじゃったら、オイはそれでえぇとよ」と快諾してくださいました。

宮崎の離島の今朝獲れ鮮魚を東京のお客様にお届けするため、今日も古谷船長とその息子 静樹さんは、深夜2時の海へと船を走らせています。


安全で良質な食材を仕入れ続けるため、追い求めたら自社漁場と社員漁師にまで辿りついてしまいました。

島野浦から程近く、美しい自然に囲まれた宮崎県延岡市須美江。水深20〜30メートルの浅めの位置に私達の定置網があります。

社員漁師は古谷さん達とお店を繋ぐ現地バイヤーとして、その日獲れた魚や天候・島の様子などを、東京の私達に日々発信し続けています。


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方