夏が旬 雄勝の「夢牡蠣」 | AP company

Publicity
食材のご紹介

夏が旬 雄勝の「夢牡蠣」

一般的に牡蠣の旬は冬というのが通説ですが、宮城県石巻市雄勝の牡蠣は、産卵前に栄養をたっぷりと蓄える5月~8月が一番の食べごろ。『夢牡蠣』の育つ雄勝湾は、緑豊かな山々に囲まれ、森のめぐみをたっぷりと含んだ地下水が海底から湧き出しているという全国でも珍しい地形。春になり森が豊かになると、森からのミネラルを豊富に含んだ湧水が海へと流れ込み、牡蠣の育成に不可欠なプランクトンに恵まれるため、初夏にかけてより一層大きく美味しい牡蠣が育つのだそうです。
また、穏やかで水深が深く、水温の変化も少ないため、牡蠣が十分大きくなるまで長期間育てるのに非常に適した環境です。通常、東日本の牡蠣は2、3年物が多い中、3〜4年をかけてひときわ大きく育った牡蠣のみを『夢牡蠣』と呼んでいます。
人の顔ほどのサイズも見かける『夢牡蠣』はずっしりと重く、中にはあっさりとして甘みのある大粒の身が殻いっぱいに詰まっています。


東日本大震災によって、雄勝町も大きな被害を受けました。 『夢牡蠣』の名付け親は、この土地で11年牡蠣養殖を行なっている株式会社海遊の伊藤さん。震災後まもなく、震災を乗り越えた牡蠣の稚貝をつかって牡蠣養殖を再開しました。それから四年目となる現在、小さかった稚貝がたくましく立派に育った姿に、復興への夢や漁業発展の夢を重ねて『夢牡蠣』と名付けたのだそうです。


■『夢牡蠣』は、5月7日〜8月中旬まで「四十八漁場」「日本橋墨之栄」「魚米」各店にてご提供致します。(なくなり次第終了)
店舗一覧はこちら


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方