有村(幸)製茶の霧島茶 | AP company

Publicity
食材のご紹介

有村(幸)製茶の霧島茶

鹿児島県のお茶の生産量は、静岡に次ぐ日本第2位。黒さつま鶏を育てている鹿児島県霧島市の塚田農場周辺は、全国的にも有名な霧島茶の生産地です。南国鹿児島でありながら、霧島連山の麓の標高270mという高冷地で栽培される霧島茶は、昼夜の寒暖の差によって、引き締まった香り高い味わいになると言われます。

この土地で60年来変わらずおいしいお茶を作りつづけているのが有村(幸)製茶の有村さん。塚田農場と同じ霧島市溝辺町に茶畑を構える生産者さんです。生産・製造・販売をすべて自家で行う有村さんのお茶は、農林水産大臣賞や内閣総理大臣賞など数々の品評会での受賞歴を持ち、父親の幸男さんと息子の幸二さんの親子2代で日本一に輝くという偉業を達成しています。昭和28年の創業以来、初代の教えを守り、より香り豊かでおいしいお茶を作るため日夜努力を続けている有村さん。霧島の豊かな自然と大地に育まれた香りと深みのある味わいは、鹿児島の土地の料理をさらに惹きたててくれます。


☆★APカンパニーとのコラボメニュー★☆


『有村さんの煎茶アイス』
有村さんのお茶を使った贅沢な煎茶アイスです。なんとも香ばしいお茶の香りで心落ち着くデザートに仕上がりました。





『有村さんづくし 煎茶あんみつ』
有村さんのお茶を使用した手作りお茶ゼリーの上に煎茶アイスをトッピング。仕上げに黒糖とお茶で出来たシロップをかけ、金箔をちりばめた贅沢な逸品。


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方