黒さつま鶏 | AP company

Publicity
食材のご紹介

黒さつま鶏

かごしま黒豚・鹿児島黒牛といえば、日本全国に知られる名ブランド。そんな鹿児島の“黒”を背負う第3の特産品を誕生させるべく、鹿児島県の畜産試験場が研究を開始したのが平成13年。それから実に6年もの歳月を費やして誕生したのがこの“黒さつま鶏”です。鹿児島の新たなる黒として注目を集めています。

その父は、江戸時代に薩摩藩で闘鶏用に作られた“薩摩鶏”。日本三大地鶏に数えられている日本固有種で、天然記念物として国の指定を受けています。母方は“横斑プリマスロック”。洋風な名前ですが、立派な在来種の地鶏です。羽が白黒で碁石のように見えるため、鹿児島では「ごいし」の愛称で親しまれてきました。この2種を親に、鹿児島県が長い年月をかけて生み出した“黒さつま鶏”は、地鶏の中でも生育が早く、穏やかな性格でケンカも少ない為、生産性が高い点も特徴です。

食べると、プリプリと歯切れ良い適度な歯ごたえと柔らかな肉質のバランス。また、地鶏としては脂の乗りが良いことに加え、旨味成分であるアミノ酸が豊富に含まれているため、噛むとジューシーな肉汁と旨味が口いっぱいに広がります。その深みある味わいは「他の地鶏にはない食感」と、プロの料理人からも好評を得ています。


宮崎県日南市・宮崎県日向市・北海道新得町に続いて、鹿児島県霧島市にも養鶏場を設立。年間生産羽数20万羽体制を目標に、今後は処理センターや加工センターを自社運営することも視野に入れています。

「また次も黒さつま鶏を食べたいと思ってもらえるような良い鶏を育てられるよう、懸命に取り組んでいます。是非、味わってみてください。そして感想を聞かせてください」と語るのは、初代農場長の新保哲志さん。APカンパニーが培ってきた生産者直結の事業を、「黒さつま鶏」でも展開していきます。








■黒さつま鶏をお召し上がりいただける店舗はこちら
『鹿児島県霧島市 塚田農場』店舗一覧


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方