共働学舎 新得農場 | AP company

Publicity
食材のご紹介

共働学舎 新得農場

共働学舎新得農場のラクレットは、平成10年の「第1回オールジャパン・ナチュラルチーズコンテスト」で最優秀賞。平成22年にアメリカ・ウィスコンシン州で開催された「ワールドチャンピオンチーズコンテスト・ウォッシュしたセミハード部門」で銀賞を受賞するなど、輝かしい成績を収めてきました。

共働学舎新得農場の代表 宮嶋望さんは、十勝ナチュラルチーズ連絡協議会副理事長や北海道ブラウンスイス協議会会長でもあり、2010年にはチーズの製造や流通・熟成などそれぞれの段階でチーズに携わる専門家のみに与えられるフランスの「ギルド・デ・フロマジェ」という称号を授与(チーズ製造に携わる日本人では初めての快挙)。

30年以上前からナチュラルチーズ製造を続けてきた宮嶋さんは、これまでもソフトタイプの「さくら」やセミハードの「ラクレット」などが国内や世界的なコンクールで高い評価を得ており、「土地にあった微生物で風味を出し、他にまねのできないものを作るという目標を実現するため、(共働学舎で)製造にかかわる人みんなで努力を重ねたい」と語ります。


▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方