accompay recruiting site

ENTRY

社員の挑戦

結婚式は、人生で一番幸せな食卓。
エー・ピーカンパニーだから、
新しいウェディングを実現できる。

田村 優也

ウェディング事業部『UNION HARBOR』支配人 /2012年入社

2012年4月に新卒で入社し、『塚田農場』で店舗運営に携わる。2013年6月に店長、2014年6月からSVとして活躍した。そして2015年9月からは、入社時からの夢だったウェディング事業部に異動し、新規事業の立ち上げに参加。支配人として式場運営に携わっている。

塚田農場のサービスを融合した、
ウェディング事業を立ち上げる。

ウェディングプロデュース事業を手掛けるcrazy wedding(株式会社CRAZY)とタッグを組んで、当社が初めて手掛けるウェディング事業。横浜の山下公園にオープンしたのが結婚式場『UNION HARBOR』です。その支配人に任命されたのは、『塚田農場』の店長・SVをやっていた私。入社時からずっと、ウェディング事業を立ち上げたいと社長にアピールしてきて、お声をかけてもらうことができました(笑)。
新規事業のため、すべて自分たちで意見を出してつくっていくことができます。ウチらしいウェディングって何だろうと考えたとき、やはり生産者の顔が見える美味しい料理と、お客様へのおもてなしだと思うんですね。料理の配膳の仕方、接客・サービス面、オペレーション面など、業界の常識に捕らわれない、新郎新婦に喜んでもらえるようなサービスを作っていきたい。そんな点には、様々な職業の、幅広い年代のお客様がいらっしゃる『塚田農場』での経験が十分に活かせます。

何だって、できる。それがウチの良いところ。

エー・ピーカンパニーって、不可能が無い会社なんです。誰かが何かを提案したときに、スグに「ダメです」と否定されるのではありません。「実現させるためには、何をしなくてはいけないの?そのための計画は?」と考えるような会社です。言ってしまえば、何でも挑戦できる会社。自分が実現したいことがあるならば、周りに発信していかなきゃ損です。
私も夢だったウェディング事業に携われている今、必ず成功させたいと思っています。ゆくゆくは一企業として独立して、自社でプランナーなども雇って「ウェディングのエー・ピーカンパニー」といったブランドを築いていきたい。そして、『塚田農場』で働いているスタッフが、将来のキャリアアップの先としてワクワクして働けるような環境をつくっていきたい。イチ店長から、事業を作っていく人へ。若くして挑戦できるのも、当社ならではです。